PCゲームの語り場

18禁ゲーム エロゲームの紹介です。 torrent トレント TORRENT

JK恋愛小説家

JK恋愛小説家

関連ページ

おもしろ度:★★★★★★☆☆☆☆

まあまあ。 絵がキレイ、裸の絵がキレイww まあ、抜ける?

関連ページ

何も知らないJKを自分色に染めていく楽しさを堪能せよ!
恋愛小説を書くために経験が必要ということなのだから、その通りに純愛な経験を積ませるのも良いかもしれない。だが、せっかくのチャンスなのだからエッチな経験をさせて良い官能小説を書き上げてもらいたいものだ。どんなJKを作り上げるかはアナタの選択次第!


主人公は部活動に加入することが強制されていることから文芸部に所属したという入部の動機なんて適当な学生。だが、その他の大勢の学生のように幽霊部員とはならなかった。
その理由は……ずばり「女」だった。
文芸部の唯一活動らしい活動をやっている部長『若菜泉(わかないずみ)』が目的で毎日のように部室に通っているのだ。他の男どもは気付いていないだろうが、このいかにも文学少女の部長はかなりスタイルが良い。どうして俺がそのことに気付くことが出来たかと言えば……小説執筆中の部長はガードが甘いからだった。集中しだすと周りのことが見えないようで……暑いのか、制服を際どいところまで脱いでしまうし、スカートに風を送ってパンチラどころかパンモロを何度も目撃している……この時に見える脚もなかなか良いんだけれど……。
そんなわけで俺は「真面目に部活動をする文芸部員」と周囲に見られるようになり、どういうわけか教師たちに気に入られるようになった。いやあ、世の中何が幸いするか分からないもんだ。
そんな評判の良い俺だから、部長に一目置かれているらしく、俺が図書室で借りてきた文学小説などという難物との格闘の休憩中などに話しかけてくれるようになった。
やはりこの部長は流行のメイクをすればきっと目を引くような今時の可愛いJKになれるんじゃないかなどと考えながら部長と会話していると突然、彼女から頼み事をされてしまった。
その発端はたまたま俺が図書室から借りていた本が恋愛小説だったかららしい。俺は薄い本のほうが読みやすそうだったから借りただけなんだが……。
ソレで、肝心の部長の頼み事なんだが……それは……俺に「恋愛」について教えて欲しいという事だった。
残念なことに俺に好意を持っていて婉曲的な告白ってことは微塵もなかったらしい……ただ自分に恋愛ということについて知識がないから、一番近い異性である俺に頼んできたということらしい。何でも目指している若手の文学賞のテーマが「恋愛小説」だったため相当テンパっていたようだ。
これには正直驚いた。
毎日何冊も本を読み、自分の愛用のノートパソコンで小説を執筆する部長がそんな頼み事をしてくるなんて想像なんて出来なかったからだ。
だいたい「恋愛」って何だ?英語ならLOVEってやつで……男と女が、ああ、たまに男同士とか女同士ってのもあったな……その両者が……その、ほら、あれだ……良い関係になるってことだろ?
まあ、彼女いない歴=年齢の俺にそんなことを聞かれても困る。
そもそも正確な答えなんて存在しないんじゃないか?
俺は謹んで辞退を……と考えた時に閃いた。

正確な答えがないなら……何を教えても、間違いってわけじゃない。
つまり、俺の恣意的な答えでも部長の頼み事に応じたことになるのだ。
これはチャンスだ。
俺は部長に俺なりの方法で「恋愛」を教えることにした。
……やっぱり恋愛って経験が大事だよな。
たとえ、それがエッチなことでも経験しなきゃ分からないもんな。

関連ページ

Elle:PrieR ~しあわせの欠片をさがして ~DL版

関連ページ

おもしろ度:★★★★★☆☆☆☆☆

絵がちょっとロリすぎるかも ものがたりてきにはまぁまぁ。

関連ページ

未来都市、宙市で学園生活を送っていた主人公、江戸川菱。
だがしかし、彼の日常は父親が連れてきた幼い顔立ちの少女『門真このみ』の登場で一変する。
その少女は科学者の父親によって作られたサイボーグボディのアンドロイドであると告げられたのだった。
メモリー記憶が欠けているという『門真このみ』は父親の提案により、菱の親戚と名乗って一緒に暮らし学園生活を送ることになる。

『門真このみ』のメモリー記憶を戻すべく、奔走する菱。
色々な想い出の場所に回ったり、会話をしたり、時にはHなことも……
何故、菱は彼女の記憶を取り戻すのか?そして『門真このみ』とは一体何者なのか?

関連ページ

月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.

関連ページ

おもしろ度:★★★★★★★☆☆☆

エロいし、出てくる子が皆可愛い。 抜き度は高いかな? 良い感じ。

関連ページ

ある日、志貴晴彦が目を覚ますと、そこは深夜の学園だった。

その場にいた少女たちに『星影学園』であることを聞いた晴彦は、そこが外に出られない上に夜しか存在しない不思議な学園である、ということを知らされる。

ここには色々な世界から来た四人の少女がいて。
晴彦は彼女たちの教師となり。
そんな彼女たちの願いを叶えて、卒業させる。
そうしなければ、晴彦も元の世界に戻ることは出来ない。

突然現れた『魔女』を名乗る少女は、晴彦にそう告げた。

戦争で人が戦い続ける世界から来た少女、水際フユ。
機械が人間社会を全て支配する世界から来た少女、皇夏乃。
魔物と人が戦う、剣と魔法の世界から来た少女、アブリル・ポワッソン。
そして記憶を失っている少女――アキ。

晴彦の教え子たちは、一癖も二癖もある少女たちで、その考え方も、価値観も、意識も、全てがバラバラだった。

教師としての勉強はしていたものの、実際になるつもりのなかった晴彦は、そんな彼女たちの教育に四苦八苦することとなる。

そこで、自分を追い立てる為にも晴彦は宣言した。

「俺がお前たちの願いを叶える、オズの魔法使いだ!」

こうして、晴彦と少女たち、そして魔女たちの紡ぐ、夜のフェアリーテイルが幕を開いた。

関連ページ

ギャラリー
  • 母娘乱館 THE ANIMATION 「琴音の章」
  • 母娘乱館 THE ANIMATION 「琴音の章」
  • 母娘乱館 THE ANIMATION 「琴音の章」
  • 母娘乱館 THE ANIMATION 「琴音の章」
  • 河原崎家の一族2 完全版
  • 河原崎家の一族2 完全版
  • 河原崎家の一族2 完全版
  • 河原崎家の一族2 完全版
  • ライブドアブログ